認定こども園 土崎幼稚園ってどんなとこ?

本園は土崎の中心部の閑静な住宅地に建っています。
創立者は郷土の偉人近江谷栄次先生で大正6年(1917)に建てられ今年で100周年をむかえました。
長らくこの地区唯一の幼稚園として幼児教育の要でありました。
県内で数体しかない青い目の人形も保存され、卒園生も約15300人を超えて、県内外で活躍している方々が沢山います。
本園では創立以来の園是である「建学の精神」に基づく保育に力を注いできました。
認定こども園になって、心豊かでたくましい子どもを育てる保育、体験(自然、社会、勤労、運動、技能、奉仕等)を行っていきます。
明るく元気な子どもたちとやさしく親切な先生たちのいる幼稚園です。

土崎幼稚園の教育方針


幼児期の教育が人間形成の基礎を培うことから創立以来園是としての「建学の精神」を基にした保育を継続、指導しています。

建学の精神

1.丈夫で生き生きした子ども

2.感動を素直に表し創造豊かな子ども

3.気立てが優しく他人に迷惑をかけない子ども

大事にしていること

1.子どもの安全

2.意欲的に遊ぶ環境づくり

3.子どもの思いに寄り添う

4.保護者・地域との連携

こんな子どもに育てたい!


次の教育方針をもとに、幼稚園教育の目標達成に努めております。

1.健康で明るい子ども(体育)

2.考えて行動する子ども(知育)

3.なかよくする子ども(徳育)

4.がんばる子ども (総育)

土崎幼稚園の沿革